トップページ 会社概要 製品紹介ダウンロード 価 格お問い合わせ



 

超小型無段変速機

 

ミニドライブ

世界最小の金属摩擦式無段変速機としてご好評をいただいております西独ハイナウ社のミニドライブがさらにエイトシリーズとして改良されました。

エイトシリーズには標準機種にモーターが直結されまたスパーギヤ、ベベルギヤ、ウォームギヤ等を組合せた豊富な機種により多くの減速比が用意されています。

特 長
1. アルミダイキャストボディーのため軽量です。約1.8kgf
2. 9:1の広い無段変速域をもっています。
3. ビューゲル機構標準装備のため変速時の瞬時応答が可能です。
4. 速度調整は停止中でも可能です。
5. 回転数の安定性ならびに再現性は抜群です。
6. 特殊合成潤滑油を使用しておりますのでオイル交換の必要はありません。
7. 潤滑油が密封されておりますので取付は、どのような位置でもさしつかえありません。

 

機 能 原 理

左図のように、二個の円すい板とその間にころがり接触する一個のスチールボール、それをコントロールするビューゲル(弓形ボール押え)・・・。この単純なしかも卓抜なアイデアから生れた伝動機構がミニドライブエイトシリーズの基本原理です。本体上部にある目盛のついた速度調整ノブを回すとビューゲルが上下し入力軸回転数に対し出力軸は最高3倍(増速)、最低1/3(減速)すなわち9:1に無段変速できます。

調整ノブを右に回してスチールボールがさがればより高速になり、左に回してスチールボールがあがればより低速になります。高速および低速への速度の調整は運転中はもちろん停止中でも他の変速機と異なって変速でき、正逆転も可能です。

出力回転は上限点および下限点以外ではトルクが増大してもスチールボールと円すい板との接触圧がそれだけ増大しますのでスリップは生じません。

 

構 造

ミニドライブは構造が簡単で故障が少なく各部は精密に製作されております。伝動機構部は高品質の合金鋼が使用され非常に強力です。可動部分はすべて調質、硬化の熱処理が施されスチールボールの接触面は精密研磨され伝動は正確です。

入力軸、出力軸はそれぞれ2個のボールベアリングで支持され十分なオーバーハングロードを保持し安定した回転を伝えます。ボディは軽量化のためアルミニウム合金ダイキャストが使用され潤滑は油浴方式です。